大澤 豊監督作品
日本の青空 「日本の青空」製作委員会
03-6280-5552 お問い合わせ
日本の青空TOP
ごあいさつ
あらすじ
キャスト・スタッフ紹介
鈴木 安蔵について
演出にあたって(大澤 豊監督)
撮影日記
応援メッセージ
上映情報・上映日程
お問い合わせ一覧
戦争は罪悪である~日本の青空Ⅳ~
戦争は罪悪である
~日本の青空Ⅳ~
渡されたバトン~さよなら原発~~日本の青空Ⅲ
渡されたバトン~さよなら原発~
~日本の青空Ⅲ~
いのちの山河~日本の青空Ⅱ
いのちの山河
~日本の青空Ⅱ~
Indies(インディーズ)
大澤 豊監督作品「日本の青空」

高橋 和也/藤谷 美紀/田丸 麻紀/加藤剛

日本国憲法誕生の真相。
60年の時を経て、いま明らかに!

待望の
「日本の青空」無料鑑賞用DVD販売のご案内
ニュース
Site updated Information
2013.06.11 鹿児島県・屋久島町の上映日程をUPしました
2013.04.18 東京・練馬区の「各県、上映スケジュール」を更新しました。
2013.03.27 福岡県・新潟県の「各県、上映スケジュール」を更新しました
2013.03.21 福岡県・佐賀県の「各県、上映スケジュール」を更新しました
2011.06.06 新潟県の「各県、上映スケジュール」を更新しました。
日本人の誇りを憲法に託した鈴木安蔵。
八月十五日、あの青空は希望のはじまりだった・・・。
雑誌編集部の派遣社員・沙也可は、特集企画“日本の憲法誕生の原点を問う”で、名も知らぬ憲法学者・鈴木安蔵の取材をすることになる。

取材を進めているうちに、戦後まもなく鈴木安蔵を中心として、高野岩三郎ら民間人による「憲法研究会」が作成した画期的な憲法草案が、実はGHQが憲法案をつくる際のお手本となっていたという事実が明らかになってくる。イメージ

鈴木安蔵の日記を手にし、安蔵が憲法草案を手がけるまでの間の苦労・妻・俊子との信頼の深さや愛情を知り、沙也可によって安蔵の生きた時代と現代が一本の線で繋がり、鈴木安蔵という人物が初めて歴史の表舞台に登場し、日の目を浴びることとなる。

日本国憲法施行60年の年に、だれも映画にしなかった現代史・日本国憲法誕生を巡る真実のドラマが、沙也可という若い女性の視点から、丁寧に描きだされていく。
 
このページトップに戻る
©Indies Conpany,LTD.All Rights Reserved. このページの無断転用・転記を禁じます
バックナンバー 詳しくはこちら 詳しくはこちら